2018/08/29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岸田文雄政調会長、萩生田官房副長官へ申し入れを行いました

「自然災害大国」における国土強靱化「投資」の財政措置に関する緊急提言〟の申入れを行いました。
今夏の猛暑は、広範囲に豪雨をもたらし、多くの人命と財産が失われました。
1時間に80㍉以上の豪雨回数は、1970年~80年と比べて1.7倍にも拡大しています。それにも関わらず、防災分野の公共投資はこの20年間、毎年減額し続け、治水整備率は先進国の中でも著しく低いのが現状です。命を守るための公的投資は、現代を生きる私たちのみならず、将来世代にわたって、その効果を享受し続けることになるのです。
 来年度予算編成に向けて、日本のどこに住んでも安心・安全が確保するための公的投資は、何より地方創生の根幹です。政権与党・自民党として、災害リスクにしっかりと対応するための予算確保に引き続き、尽力して参ります。

20180829岸田文雄政調会長①

20180829岸田文雄政調会長②

20180829萩生田官房副長官①

20180829萩生田官房副長官②

関連記事